丹野 治門 (たんの はると) [go to English page]

Haruto Tanno

tanno

所属:

研究分野:

最近発表したものピックアップ:

学歴:

職歴:

所属学会:

開発したプロダクト:

  1. 機能テスト設計支援ツールTesMa

l  201310 NTT技術ジャーナル(記事)

  1. UIレイアウトテスト支援ツールULTDiff

l  20174NTTレゾナント社でサービス公開 (プレスリリースサービス)

l  20162 NTTR&Dフォーラム2016で展示 (パネル紹介動画)

  1. リバースベーステスト技術Regumo

l  20184月 デモ動画 (デモ動画)

自身の受賞:

  1. 2019  2月 所長表彰(特別賞)NTT ソフトウェアイノベーションセンタ,” UIレイアウト比較技術ULTDiffにおける事業貢献” (丹野 治門,他7)
  2. 2018  9優秀発表賞,日本ソフトウェア科学会第35会大会, "プログラムを停止させないデバッグを可能とする手法の提案"
  3. 2018  9学生奨励賞,日本ソフトウェア科学会第35会大会, "プログラムを停止させないデバッグを可能とする手法の提案"
  4. 2018  9企業賞,情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 "企業のソフトウェア開発に対する自動プログラム修正技術適用の試み" (内藤 圭吾, 谷門 照斗, まつ本 真佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, 切貫 弘之, 倉林 利行, 丹野 治門)
  5. 201712月 所長表彰(優秀業績賞)NTT サービスイノベーション総合研究所,”UIレイアウト比較技術ULTDiffの開発および事業展開”
  6. 2017  9インタラクティブ特別賞,情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017,”画面要素の相対的な位置関係によってテスト結果画面の確認領域を指定する技術 (安達 悠,丹野 治門)
  7. 2017  9優秀論文賞 ,情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017,” GUI自動テストにおけるテストスクリプト中のロケータ修正支援手法” (切貫 弘之,丹野 治門,夏川 勝行)
  8. 201610月 社長表彰(発明考案表彰) ,日本電信電話株式会社,”WebAP開発のコスト削減に資するフレームワークの開発” (丹野 治門,他8)
  9. 2016  9企業賞,情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016,”テストケースの事前条件として適切なDB初期状態の状態数とデータサイズを削減する手法の提案 (丹野 治門,張 暁晶)
  10. 2013  3山下記念研究賞,情報処理学会,”設計モデルを利用したテスト用データベースの自動生成手法
  11. 2013  3月 所長表彰(イノベーション賞)NTT ソフトウェアイノベーションセンタ,”結合テスト設計支援ツールTesMaの事業導入推進” (丹野 治門,他2)
  12. 201212月 所長表彰(研究開発奨励賞)NTT サービスイノベーション総合研究所,”設計モデルを利用したテスト用データベース自動生成手法の考察”
  13. 201112月 所長表彰(研究開発賞)NTT サイバーコミュニケーション総合研究所,”結合テスト設計支援ツールTesMaの研究開発” (丹野 治門,他1)
  14. 2009  3月 学長賞,電気通信大学
  15. 2009  1月 山内奨励賞,情報処理学会 第49回プログラミング・シンポジウム,” ゲームシステム記述言語kameTLにおけるリアルタイムデバッグ機構 (丹野 治門)
  16. 2008  5天才プログラマ/スーパークリエータ認定,情報処理推進機構,”みんなで創るRPG (ネットワーク越しにリアルタイム共同編集ができるインタラクションソフト制作システム)
  17. 2007  3月 目黒会賞,電気通信大学同窓会目黒会

共著者の受賞:

  1. 2019  3月 切貫 弘之,山下記念研究賞,情報処理学会,"GUI自動テストにおけるテストスクリプト中のロケータ修正支援手法"
  2. 2017  9月 倉林 利行,コンピュータサイエンス領域奨励賞,情報処理学会,"動的記号実行と探索的テストによる高カバレッジの結合テスト向けテストデータ自動生成手法"
  3. 2014  3月 齋藤 響, 学生奨励賞,情報処理学会,"Web アプリケーション用テストデータの生成"

研究業績:

 ■国際会議論文

  1. Haruto Tanno, Hideya Iwasaki: "Suspend-less Debugging for Interactive and/or Realtime Programs", International Conference on Software Testing, Verification, and Validation (ICST2019), to appear (movie).
  2. Hiroyuki Kirinuki, Haruto Tanno, Katsuyuki Natsukawa"COLOR: Correct Locator Recommender for Broken Test Scripts Using Various Clues in Web Application ", The 26th IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution and Reengineering (SANER 2019), to appear.
  3. Yu Adachi, Haruto Tanno, Yu Yoshimura"Reducing Redundant Checking for Visual Regression Testing", 25th Asia-Pacific Software Engineering (APSEC 2018) [Poster], to appear
  4. Keigo Naitou, Akito Tanikado, Shinsuke Matsumoto, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, Hiroyuki Kirinuki, Toshiyuki Kurabayashi, Haruto Tanno: "Toward Introducing Automated Program Repair Techniques to Industrial Software Development", International Conference on Program Comprehension (ICPC 2018) [Early Research Achievement], May 2018 (paper)
  5. Haruto Tanno, Yuu Adachi: "Support for Finding Presentation Failures by Using Computer Vision Techniques", Testing - Practice and Research Techniques, 13th Workshop on Testing: Academia-Industry Collaboration, Practice and Research Techniques (TAIC PART 2018), April 2018 (paper)
  6. Toshiyuki Kurabayashi, Muneyoshi Iyama, Hiroyuki Kirinuki, Haruto Tanno: "Automatically Generating Test Scripts for GUI Testing", 1st IEEE Workshop on NEXt level of Test Automation (NEXTA 2018), April 2018 (paper)
  7. Keiichi Tabata, Haruto Tanno, Morihide Oinuma: "Helping Testers by Fault-Prone Functionality Prediction", 10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2015) , pp. 1-3, August 2015 (paper)
  8. Akihiro Hori, Shingo Takada, Haruto Tanno, Morihide Oinuma: "An Oracle based on Image Comparison for Regression Testing of Web Applications", The Twenty-Seventh International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2015), July 2015 (paper)
  9. Haruto Tanno, Xiaojing Zhang: "Test Script Generation Based on Design Documents for Web Application Testing", The 39th Annual International Computers, Software & Applications Conference(COMPSAC 2015)[fast abstract] , pp. 672-673, July 2015 (paper)
  10. Koushik Sen, Haruto Tanno, Xiaojing Zhang, Takashi Hoshino: "GUIDESE: Annotations for Guiding Concolic Testing", Tenth IEEE/ACM International Workshop on Automation of Software Test (AST 2015), pp. 23-27, May 2015 (paper)
  11. Haruto Tanno, Xiaojing Zhang, Takashi Hoshino, Koushik Sen: "TesMa and CATG: Automated Test Generation Tools for Models of Enterprise Applications", The 37th International Conference on Software Engineering (ICSE 2015)[Demonstrations Track], pp. 717-720, May 2015 (paper, movie)
  12. Xiaojing Zhang, Haruto Tanno: "Requirements Document Based Test Scenario Generation for Web Application Scenario Testing", Testing: Academic and Industrial Conference Practice And Research Techniques (TAIC PART 2015) [short paper], pp. 1-3, April 2015 (slide, paper)
  13. Hibiki Saito, Shingo Takada, Haruto Tanno, Morihide Oinuma: "Test Data Generation for Web Applications:  A Constraint and Knowledge-based Approach", The Twenty-Sixth International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2014) [short paper], pp110-114, July 2014 (paper)
  14. Haruto Tanno, Takashi Hoshino: "Reducing the Number of Initial Database States for Integration Testing", The 5th IEEE International Workshop on Software Test Automation (STA 2013) , July 2013 (paper)
  15. Rogene Lacanienta, Shingo Takada, Haruto Tanno, Morihide Oinuma:"A Knowledge-based Approach  for Generating Test Scenarios for Web Applications" , The Twenty-Fifth International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), June 2013 (paper)
  16. Haruto Tanno, Xiaojing Zhang, Takashi Hoshino: "Design-Model-Based Test Data Generation for Database Applications", 4th Workshop on Model-based Testing in Practice.( MoTiP 2012), pp.201-206,  November 2012 (paper)
  17. Rogene Lacanienta, Shingo Takada, Haruto Tanno, Xiaojing Zhang, Takashi Hoshino:"A mutation test based approach to evaluating test suites for Web applications",Proc. of 10th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE 2012), pp.227-236, September 2012 (paper)
  18. Xiaojing Zhang, Haruto Tanno, Takashi Hoshino: "Introducing Test Case Derivation Techniques into Traditional Software Development: Obstacles and Potentialities", Testing: Academic and Industrial Conference Practice And Research Techniques (TAIC PART 2011) [short paper], pp. 559-560, Match 2011 (paper)
  19. Haruto Tanno, Hideya Iwasaki: "Parallel Skeletons for Variable-length Lists in SkeTo Skeleton Library", 15th European Conference on Parallel Processing (Euro-Par 2009), Lecture Notes in Computer Science 5704, Springer, pp.666-677, August 2009  (paper, slide)

 ■学術雑誌論文

  1. 安達 悠, 丹野 治門, 吉村 優: "Visual Regression Testingにおいて画面要素の位置関係によってマスク領域を指定する手法", コンピュータソフトウェア [レター論文], 2019, to appear.
  2. Akihiro Hori, Shingo Takada, Toshiyuki Kurabayashi, Haruto Tanno: "Image-based Approach to Determining Regression Test Results of Dynamic Web Applications", International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Vol. 28, No. 07, pp. 1001-1025, 2018 (paper)
  3. 丹野 治門, 倉林 利行, 張 暁晶, 伊山 宗吉, 安達 悠, 岩田 真治, 切貫 弘之: "テスト入力値生成技術の研究動向", コンピュータソフトウェア, Vol. 34, No. 3,  pp. 3_121-3_147, 2017. (paper)
  4. 丹野 治門: "テストケースの事前条件として適切なDB初期状態の状態数とデータサイズを削減する手法の提案", 情報処理学会論文誌:ソフトウェア工学特集号, Vol. 58, No. 4, pp. 818-832, 2017. (paper)
  5. Rogene Lacanienta, Shingo Takada, Haruto Tanno, Morihide Oinuma: "Test Scenario Generation for Web Application based on Past Test Artifacts", IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E97-D No.5 pp.1109-1118, 2014.  (paper)
  6. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "設計モデルを利用したテスト用データベースの自動生成手法 ", 情報処理学会論文誌:ソフトウェア工学特集号,  Vol. 53, No. 2, pp. 566-577, 2012. (paper)
  7. 丹野 治門: "ゲームプログラムに適したリアルタイム性の高いデバッガの提案と実装", 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 1, No. 2, pp. 42-56, 2008. (paper, slide)

 ■国内会議論文

  1. 吉村 優, 安達 悠, 丹野 治門: " UIレイアウトテストにおける画面構成を考慮した段階的差異検出手法の提案", 電子情報通信学会技術研究報, vol. 118, no. 471, SS2018-76, pp. 145-150, 20193 (paper)
  2. 倉林 利行, 切貫 弘之, 吉村 優, 安達 悠, 丹野 治門: "テストスクリプト自動生成における適切な粒度の画面遷移テストの試み",電子情報通信学会技術研究報, vol. 118, no. 471, SS2018-75, pp. 139-144, 20193 (paper)
  3. 安達 悠, 丹野 治門, 吉村 優: "Visual Regression Testingにおいて画面要素の位置関係によってマスク領域を指定する手法",ソフトウェア工学の基礎 25 日本ソフトウェア科学会FOSE 2018 (レクチャーノート/ソフトウェア学) pp. 25-30, 201811 [ショートペーパー]
  4. 丹野 治門,岩崎 英哉: "プログラムを停止させないデバッグを可能とする手法の提案", 日本ソフトウェア科学会 第35会大会講演論文集, 20188 (学生奨励賞,優秀発表賞) (paper)
  5. 内藤 圭吾, 谷門 照斗, まつ本 真佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, 切貫 弘之, 倉林 利行, 丹野 治門: "企業のソフトウェア開発に対する自動プログラム修正技術適用の試み", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 論文集 pp. 139-14720189 [ロング発表論文] (企業賞), to appear.
  6. 倉林 利行, 切貫 弘之, 丹野 治門: "テストスクリプトの自動生成におけるテスト入力値作成支援技術の提案",情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2018-SE-199, no. 13, pp.1-7, 20187 (paper)
  7. 内藤 圭吾, 谷門 照斗, まつ本 真佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, 切貫 弘之, 倉林 利行, 丹野 治門: "企業におけるソフトウェア開発に対する自動プログラム修正技術",電子情報通信学会技術研究報, vol. 117, no. 381, SS2017-36, pp. 13-18, 20181
  8. 倉林 利行, 伊山 宗吉, 切貫 弘之, 丹野 治門: "画面操作を伴うテストにおけるテストスクリプトの自動生成手法", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017論文集 pp. 260-264, 20179 [一般論文] (paper)
  9. 切貫 弘之, 丹野 治門, 夏川 勝行: "GUI自動テストにおけるテストスクリプト中のロケータ修正支援手法", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017論文集pp. 135-146, 20178 [full paper] (優秀論文賞,山下記念研究賞)  (paper)
  10. 丹野 治門, 高田 眞吾, 北村 崇師, 崔 銀惠, 秋山 裕子, 柴田 和紀, 安高 聡, 小高 敏裕, 切貫 弘之: "ウィンターワークショップ2017・イン・飛騨高山「短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理」セッションの報告",情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学, vol. 2017-SE-196, no. 17,pp.1-4, 20177 (paper)
  11. 切貫 弘之, 丹野 治門, 岩田 真治, 夏川 勝行: "画面操作を伴うテストにおけるテストスクリプト中のロケータ自動修正手法の提案", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2017-SE-195, no. 28, pp.1-8, 20173(paper)
  12. 堀 旭宏, 高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: " Webアプリケーションに対する,画像比較に基づいた回帰テスト結果自動合否判定", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2016-SE-194, no. 10, pp.1-8, 201611(paper)
  13. 丹野 治門: "画像処理を活用したUIレイアウト崩れ検出支援手法の提案", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2016-SE-194, no. 9, pp.1-8, 201611(paper)
  14. 丹野 治門, 高田 眞吾: "短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理",  ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pp. 264-264, 20169. (abstract)
  15. 倉林 利行, 張 暁晶, 丹野 治門: "動的記号実行と探索的テストによる高カバレッジの結合テスト向けテストデータ自動生成手法", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pp 147-152, 20169 [short paper] (コンピュータサイエンス領域奨励賞) (paper)
  16. 丹野 治門張 暁晶"テストケースの事前条件として適切なDB初期状態の状態数とデータサイズを削減する手法の提案 ", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集 ,pp. 135-146, 20169 [full paper] (企業賞) (paper)
  17. 嶌津 達也,高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門, "ミューテーションテストを利用した遺伝的アルゴリズムによるAndroidアプリケーション用テストスイート生成", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pp 227-232, 20169 [一般論文] (paper)
  18. 安達 悠, 岩田 真治, 丹野 治門, 清水 誠介, 今井 勝俊,: "対話型アプリケーションを対象とした多種多様な環境に対応できるテスト実行自動化に関する手法",  ソフトウェア・シンポジウム2016[Future Presentation], 20166 (paper)
  19. 倉林 利行, 張 暁晶, 丹野 治門: "SBSTを用いた高カバレッジの結合テスト向けテストデータ自動生成手法", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2016-SE-192, no. 1, pp.1-8, 20166(paper)
  20. 堀 旭宏, 高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: "Webアプリケーションに対する回帰テストオラクル自動生成",22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ[ライブ論文], p223-224, 201511
  21. 丹野 治門, 岩田 真治, 高田 眞吾: "ソフトウェアテストの新技術と実践",  ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015論文集 ,pp. 222-222, 20159(paper)
  22. 丹野 治門, 張 暁晶: "ソフトウェア設計ドキュメントを利用したテスト実行スクリプト生成技術の提案と評価", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2015-SE-189, no. 16, pp.1-8, 20157(paper)
  23. 張 暁晶, 丹野 治門: "設計書に基づくWebアプリのシナリオテスト向けテスト項目抽出手法", 電子情報通信学会技術研究報, vol. 115, no. 153, SS2015-17, pp. 39-44, 20157 (abstract)
  24. 丹野 治門,張 暁晶: "モデルベーステストに基づくテスト実行スクリプト生成手法の提案", 情報処理学会第77回全国大会,5A-4, 20153 (abstract)
  25. 張 暁晶,丹野 治門: "ユースケーステスト技法に基づく経路抽出手法の提案", 情報処理学会第77回全国大会,5A-3, 20153 (abstract)
  26. 嶌津 達也,高田 眞吾,丹野 治門,生沼 守英: " JavaScriptを対象とした等価ミュータント自動検出に関する研究", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2015-SE-187, no. 1, pp.1-7, 20153(paper)
  27. 丹野 治門: "将来のソフトウェアテスト支援技術", ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾 論文集, pp.87-88, 20151(paper)
  28. 丹野 治門, 張 暁晶: "ドメインテスト技法に基づく網羅的なテストデータ自動生成手法の提案", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2014-SE-186, no. 6, pp.1-8, 201411(paper)
  29. 張 暁晶, 丹野 治門, 生沼 守英: "モデルベーステストにおけるトレーサビリティの確保と活用", 電子情報通信学会技術研究報, vol. 114, no. 127, SS2014-27, pp. 163-168, 20147 (abstract)
  30. 丹野 治門, 張 暁晶, 生沼 守英: "ソースコード生成を利用した結合テスト向けデータベース生成手法の提案", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2014-SE-185, no. 25, pp.1-8, 20147(paper)
  31. 石川 太一郎,高田 眞吾,丹野 治門,生沼 守英: " Concolic Testingを用いたWebアプリケーションに対するテストデータ生成に関する研究", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2014-SE-183, no. 1, pp.1-8, 20143(paper)
  32. 丹野治門,張 暁晶, 星野 隆: "シナリオテストにおけるテスト項目自動生成手法の提案", 情報処理学会第76回全国大会,6A-3, 20143 (abstract)
  33. 齋藤 響, 高田 眞吾, 丹野 治門, 生沼 守英: "Web アプリケーション用テストデータの生成", 情報処理学会第76回全国大会,3L-6, 20143 (学生奨励賞) (abstract)
  34. 張 暁晶, 丹野 治門, 星野 隆: "設計書に基づくテスト項目抽出手法の提案および既存開発プロセスへの適用", 電子情報通信学会技術研究報, vol. 113, no. 269, SS2013-46, pp. 167-174, 201310 (abstract)
  35. 丹野 治門, 星 野隆,Koushik Sen,高橋 健司: "Concolic Testingを用いた結合テスト向けテストデータ生成手法の提案", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 , vol. 2013-SE-182, no. 6, pp.1-8, 201310(paper)
  36. 深谷 雅洋, Rogene Lacanienta, 高田 眞吾, 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "Webアプリケーションを対象としたテストスイートの評価〜ミューテーションテストにもとづいた手法〜", 情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学, vol. 2012-SE-175, no 15, pp.1-8, 20123 (paper)
  37. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "設計モデルを利用したテスト用データベースの自動生成手法 ", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011論文集 ,pp. 1-6, 20119 [short paper] (山下記念研究賞) (paper)
  38. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "結合テストにおけるテスト項目自動生成手法の提案と評価", 電子情報通信学会技術研究報, vol. 110, no. 227, SS2010-34, pp. 37-42, 201010 (paper)
  39. 丹野 治門: "ゲームシステム記述言語kameTLにおけるリアルタイムデバッグ機構", 情報処理学会第49回プログラミングシンポジウム報告集, pp.17-24, 2008. 20081 (山内奨励賞) (paper)

 ■ポスター/デモ/口頭発表

  1. Haruto Tanno, Yu Adachi and Yu Yoshimura: "Masking Dynamic Content Areas Based on Positional Relationship of Screen Elements for Visual Regression Testing", 12th IEEE Conference on Software Testing, Validation and Verification (ICST2019) [Demo], April 2019, to appear.
  2. 安達 悠, 丹野 治門, 吉村 優:"Visual Regression Testingにおいて重複 する差異の確認を削減する手法",ウィンターワークショップ2019・イン・福島飯坂, 20191
  3. 切貫 弘之,倉林 利行,丹野 治門,吉村 優,安達 悠: "Webアプリケーションの回帰テストにおける入力値バリデーション検証の自動化", ,25回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201811
  4. 丹野 治門,切貫 弘之, 倉林 利行,内藤 圭吾, 谷門 照斗, まつ本 真佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二: "企業の開発現場におけるソフトウェアバグ同定技術の実現に向けて", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018(ポスター発表), 20189
  5. 吉村 優,安達 悠,丹野 治門 " UIレイアウトテストにおける画面構成を考慮した段階的差異検出技術", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018(ポスター発表), 20189
  6. 吉村 優,安達 悠,丹野 治門: "UIレイアウトテストにおける段階的差異検出技術の商用システム適用事例", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018:ワークショップ討論テーマ(3)効果的にソフトウェアバグを見つけて修正し減らすことを目指したテスト,デバッグ,品質管理, 20189
  7. Muneyoshi Iyama, Hiroyuki Kirinuki, Toshiyuki Kurabayashi, Haruto Tanno: "Test Script Generation Tool for Regression Testing using Static and Dynamic Analysis", 11th IEEE Conference on Software Testing, Validation and Verification (ICST2018) [Demo], April 2018 (movie)
  8. Hiroyuki Kirinuki, Haruto Tanno, Katsuyuki Natsukawa: "Interactive Repair of Test Scripts Using Various Clues in Web Application", 11th IEEE Conference on Software Testing, Validation and Verification (ICST2018) [Demo], April 2018 (movie)
  9. 丹野 治門: "企業の開発現場におけるソフトウェアバグ自動修正の実現に向けて", ウィンターワークショップ2018・イン・宮島, 20181
  10. 安達 悠,丹野 治門: "画面要素の相対的な位置関係によってテスト結果画面の確認領域を指定する技術", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017(ポスター発表), 20178 (インタラクティブ特別賞)
  11. 安達 悠,丹野 治門: "画像処理技術を活用したUIレイアウトテスト手法とそのユースケース紹介 ", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017:ワークショップ討論テーマ(3)短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理, 20178
  12. 丹野 治門, 倉林 利行: "復元したソフトウェア設計情報を活用したテストデータ及びテストスクリプト生成手法の紹介 ", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017:ワークショップ討論テーマ(3)短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理, 20178
  13. 安達 悠,丹野 治門: "画像処理を活用したUIレイアウト崩れ検出支援の試み",23回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201612
  14. 丹野 治門,張 暁晶: " モデルベーステストに基づいた合否判定スクリプト生成の試み",22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201511
  15. 塚本 啓太,高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: " 変更箇所に着目したミューテーション解析のコスト削減に関する考察",22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201511
  16. 斎藤 裕稀,高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: "コード分割を用いた記号実行に関する一考察",22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201511
  17. 嶌津 達也,高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: " 遺伝的あるアルゴリズムに基づくAndroidアプリケーション用のテストスイート生成",22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201511
  18. 堀 旭宏,高田 眞吾,倉林 利行,丹野 治門: "動的に変化するWebアプリケーションに対する回帰テストオラクル自動生成 ",ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(ポスター発表), 20159
  19. 嶌津 達也,高田 眞吾,丹野 治門: "ミューテーションテストにおける等価ミュータント検出に関する考察 ",21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201412
  20. 堀 旭宏,高田 眞吾,丹野 治門: "Webアプリケーションを対象とした回帰テストにおける実行結果の成否判定に関する考察 ",21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201412
  21. 石川 太一郎,高田 眞吾,丹野 治門: " Concolic Testing の効率化に関する一考察",21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201412
  22. 張 暁晶, 丹野 治門, 星野 隆: "既存開発プロセスへのモデルベーステスト手法の適用", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014:ワークショップ討論テーマ(4)モデル駆動で開発しようー実適用における課題と先端技術, 20149 (paper)
  23. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "モデルベーステストに基づく結合テスト全自動化の試み", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014:ワークショップ討論テーマ(4)モデル駆動で開発しようー実適用における課題と先端技術, 20149 (paper)
  24. 石川 太一郎,高田 眞吾,丹野 治門,生沼 守英: " Webアプリケーションに対するConcolic Testingの考察 ",20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(ポスター発表), 201312

 ■研究資金の獲得

  1. 丹野 治門, 唐澤 雄気, 川ノ上 哲規: "みんなで創るRPG", 2007年度T期未踏ソフトウェア創造事業未踏ユース部門(採択金額 3,000,000円), 2007. (天才プログラマ/スーパークリエータ認定) (採択概要成果概要成果詳細)

 ■その他出版物

  1. Haruto Tanno, Morihide Oinuma, Katsuyuki Natsukawa: "Test Automation Technology to Promote Early and Frequent Releases of Software at Low Cost", NTT Technical Review, January 2017 Vol. 15 No. 2, February 2017. (article)
  2. 丹野 治門,生沼 守英,夏川 勝行: "ソフトウェアを低コストで早期にリリースすることをめざしたテスト自動化技術", NTT技術ジャーナル, 2016, Vol 28, No.12, pp.19-22, 201612.(article)
  3. Haruto Tanno, Xiaojing Zhang, Keiichi Tabata, Morihide Oinuma, Kazuhito Suguri: "Test Automation Technology to Reduce Development Costs and Maintain Software Quality", NTT Technical Review, January 2014 Vol. 12 No. 1, January 2014. (article)
  4. 丹野 治門,張 暁晶,田端 啓一,生沼 守英,村主 一仁: "ソフトウェアの品質確保と開発コスト削減を目指したテスト自動化技術", NTT技術ジャーナル, 2013, Vol 25, No.10, pp.19-22, 201310 (article)
  5. 丹野 治門: "テストが全自動で行われる世界を目指して", NTT技術ジャーナル, 2013, Vol 25, No.10, pp.28, 201310 (article)
  6. 丹野 治門: "未踏ユースから育ったタレントたち【PART 1 若い未踏クリエータからのメッセージ】:19.自分の欲しいソフトウェアを創る", 情報処理学会 会誌「情報処理」, Vol. 52, No. 12, pp. 1502, 201111 (article)

特許:

 ■登録

  1. 張 暁晶,丹野 治門: " 画面差異抽出装置、画面差異抽出方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2016-017976, 出願日: 201622, 公開番号: 特開2017-138717, 公開日2017810日,登録番号:特許6476147,登録日201928
  2. 張 暁晶,丹野 治門: "画面差異評価装置、画面差異評価方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2016-017975, 出願日: 201622, 公開番号: 特開2017-138716, 公開日2017810日,登録番号:特許6476146,登録日201928
  3. 丹野 治門, 張 暁晶: "画面差異合否判定装置、画面差異合否判定方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2016-017974, 出願日: 201622, 公開番号: 特開2017-138715, 公開日2017810日,登録番号:特許6476145,登録日201928
  4. 丹野 治門, 張 暁晶: "画面差異確認支援装置、画面差異確認支援方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2016-017973, 出願日: 201622, 公開番号: 特開2017-138714, 公開日2017810日,登録番号:特許6476144,登録日201928
  5. 丹野 治門, 張 暁晶: "不等号誤りを検出する境界値テストデータ生成装置、方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210780, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081235, 公開日2016516日,登録番号:特許6067644,登録日201716
  6. 丹野 治門, 張 暁晶: "境界値テストデータ生成装置、方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210778, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081233, 公開日2016516日,登録番号:特許6067643,登録日201716
  7. 丹野 治門, 張 暁晶: "同値テストデータ生成装置、方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210777, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081232, 公開日2016516日,登録番号:特許6067642,登録日201716
  8. 張 暁晶, 丹野 治門: "複数入力変数に対する視認性が高い異常系テストデータ生成装置、方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210776, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081231, 公開日2016516,  登録番号: 特許6007223, 登録日: 2016916
  9. 張 暁晶, 丹野 治門: "複数入力変数に対する仕様を効率的に網羅できる異常系テストデータ生成装置、方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210775, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081230, 公開日2016516,  登録番号: 特許6007222, 登録日: 2016916
  10. 張 暁晶, 丹野 治門: "複数入力変数に対する異常系テストデータ生成装置、方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210774, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081229, 公開日2016516,  登録番号: 特許6007221, 登録日: 2016916
  11. 張 暁晶, 丹野 治門: "複数入力変数に対する正常系テストデータ生成装置、方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210773, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081228, 公開日2016516日,登録番号: 特許6007220, 登録日: 2016916
  12. 丹野 治門, 張 暁晶: "優先度付き境界値テストデータ生成装置、方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-210779, 出願日: 20141015, 公開番号: 特開2016-081234, 公開日2016516, 登録番号: 特許5965455, 登録日: 201678
  13. 丹野 治門, 張 暁晶: "テストパス中に複数の参照アクセスをもつテスト用のデータ生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2012-199324, 出願日: 2012911, 公開番号: 特開2014056307, 公開日2014327, 特許番号:特許 5523526, 登録日:2014418
  14. 丹野 治門, 張 暁晶: "テストパス中に更新アクセスを持つテスト用のデータ生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2012-199322, 出願日: 2012911, 公開番号: 特開2014056305公開日2014327, 特許番号:特許 5523525, 登録日:2014418
  15. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テストデータ生成装置及び方法", 出願番号: 特願2011-87675, 出願日: 2011411, 公開番号: 特開2012-221314, 公開日20121112, 特許番号:特許 5514146, 登録日:201444
  16. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テストデータ生成装置及び方法", 出願番号: 特願2011-87674, 出願日: 2011411, 公開番号: 特開2012-221313, 公開日20121112, 特許番号:特許 5514145, 登録日:201444
  17. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テストデータ生成装置及び方法", 出願番号: 特願2011-87673, 出願日: 2011411, 公開番号: 特開2012-221312, 公開日20121112, 特許番号:特許 5514144, 登録日:201444
  18. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テストデータ生成装置及び方法", 出願番号: 特願2011-87672, 出願日: 2011411, 公開番号: 特開2012-221311, 公開日20121112, 特許番号:特許 5514143, 登録日:201444
  19. 張 暁晶, 丹野 治門,星野 隆: "テスト用入力データ生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2011-45688, 出願日: 201132, 公開番号: 特開2012-181782, 公開日2012920, 特許番号:特許 5478540, 登録日:2014221
  20. 張 暁晶, 丹野 治門, 星野 隆: "シナリオテストのテスト項目生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2011-195931, 出願日: 201198, 公開番号: 特開2013-58075, 公開日2013328, 特許番号:特許 5404721,登録日:2013118
  21. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "単独の異常系シナリオを任意回数実行するテスト項目生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2011-195930, 出願日: 201198, 公開番号: 特開2013-58074, 公開日2013328, 特許番号:特許 5404720,登録日:2013118
  22. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "異常系シナリオの組合せのテスト項目生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2011-195929, 出願日: 201198, 公開番号: 特開2013-58073, 公開日2012328, 登録番号: 特許5384587, 登録日: 20131011
  23. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テスト項目生成方法及び装置及びプログラム", 出願番号: 特願2010-022105, 出願日: 201023, 公開番号: 特開2011-159202, 公開日2011818, 登録番号: 特許4966386, 登録日: 201246

 ■公開

  1. 丹野 治門, 安達  , 鬼頭  宏幸, 生沼  守英: "画面差異検出装置及びプログラム", 出願番号: 特願2017-55707, 出願日: 2017322, 公開番号: 特開2018-160003, 公開日20181011
  2. 切貫  弘之,丹野 治門: "テストスクリプト修正装置及びテストスクリプト修正プログラム", 出願番号: 特願2016-235070, 出願日: 2016122, 公開番号: 特開2018-092362, 公開日2018614
  3. 切貫  弘之,丹野 治門: "テストスクリプト修正装置及びテストスクリプト修正プログラム", 出願番号: 特願2016-235069, 出願日: 2016122, 公開番号: 特開2018-092361, 公開日2018614
  4. 丹野 治門, 張 暁晶: "画面差異抽出装置、画面差異抽出方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2016-017972, 出願日: 201622, 公開番号: 特開2017-138713, 公開日2017810
  5. 丹野 治門, 生沼 守英, 高田 眞吾: "優先度付きテストシナリオ生成装置、優先度付きテストシナリオ生成方法、及びプログラム", 出願番号: 特願2015-150718, 出願日: 2015730, 公開番号: 特開2017-033158, 公開日201729
  6. 田端啓一, 丹野 治門, 生沼 守英, 村主一仁: "バグ予測装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-151117, 出願日: 2014724, 公開番号: 特開2016-024784, 公開日201628
  7. 丹野 治門, 生沼 守英, 高田 眞吾: "期待結果生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2014-136036, 出願日: 201471, 公開番号: 特開2016-014973, 公開日2016128
  8. 丹野 治門, 生沼 守英, Rogene Lacanienta, 高田 眞吾: "テストシナリオバリエーション生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2013-147815, 出願日: 2013716, 公開番号: 特開2015-22356, 公開日20111124
  9. 丹野 治門, 張 暁晶: "DBデータデバッグ支援装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2012-199323, 出願日: 2012911, 公開番号: 特開2014056306, 公開日2014327
  10. 丹野 治門, 張 暁晶: "最小のテストデータ生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2012-199321, 出願日: 2012911, 公開番号: 特開2014056304, 公開日2014327
  11. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テスト項目生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2010-108362, 出願日: 2010510, 公開番号: 特開2011-237992, 公開日20111124
  12. 丹野 治門, 張 暁晶, 星野 隆: "テスト項目生成装置及び方法及びプログラム", 出願番号: 特願2010-108361, 出願日: 2010510, 公開番号: 特開2011-237991, 公開日20111124

社会貢献:

 ■運営・編集委員

  1. 20199月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019 会計委員長
  2. 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 運営委員会, 幹事 (2017年度, 2018年度, 2019年度)
  3. 情報処理学会 論文誌「ソフトウェア工学特集」 編集委員会, 編集委員 (2017年度, 2018年度, 2019年度)
  4. 電子情報通信学会 ソサイエティ論文誌編集委員会 常任査読委員 (2018-現在)
  5. 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2018), Registration Co-Chairs
  6. 20169月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016ポスター委員長

 ■プログラム委員

  1. 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会(FOSE), プログラム委員 (2018, 2019)
  2. 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES),プログラム委員 (2016, 2017, 2018)
  3. Workshop on Testing: Academia-Industry Collaboration, Practice and Research Techniques (TAICPART), Program Committee Member (2016, 2017, 2018, 2019)
  4. International Workshop on Validating Software Tests (VST), Program Committee Member (2016)

 ■討論リーダ

  1. 20191月 情報処理学会 ウィンターワークショップ2019・イン・福島飯坂, 「効果的にソフトウェアバグを見つけて修正し減らすことを目指したテスト,デバッグ,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  2. 20189月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018併設ワークショップ 「効果的にソフトウェアバグを見つけて修正し減らすことを目指したテスト,デバッグ,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  3. 20181月 情報処理学会 ウィンターワークショップ2018・イン・宮島 「効果的にソフトウェアバグを見つけて修正し減らすことを目指したテスト,デバッグ,品質管理」,討論リーダ (ページ)
  4. 20178月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017併設ワークショップ 「短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  5. 20171月 情報処理学会 ウィンターワークショップ2017・イン・飛騨高山 「短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  6. 20168月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016併設ワークショップ 「短期繰り返しリリースを目指したテスト,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  7. 20162月 情報処理学会 ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 「短期繰り返しリリースのためのテスト,品質管理」, 討論リーダ (ページ)
  8. 20159月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015併設ワークショップ 「ソフトウェアテストの新技術と実践」, 討論リーダ (ページ)

 ■座長

  1. 20193月 情報処理学会 第201回ソフトウェア工学研究発表会, 座長
  2. 201711月 情報処理学会 第197回ソフトウェア工学研究発表会, 座長
  3. 20178月 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017,座長
  4. 20171月 情報処理学会 第58回プログラミング・シンポジウム,座長
  5. 20153月 情報処理学会 第77回全国大会 学生セッション,座長

 ■レビュアー

  1. 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2018) SEIP, External Reviewer
  2. IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Reviewer (2015, 2016, 2017, 2018)
  3. 電気情報通信学会論文誌D,査読者 (2018)
  4. International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Reviewer (2017)
  5. 情報処理学会 論文誌ジャーナル, 査読者 (2012)

招待講演:

  1. "テスト自動化の基本的な考え方とNTTにおける研究開発の紹介",  25 SPIトワイライトフォーラム, 2019326 (概要, 発表資料)
  2. "ソフトウェアの研究開発は楽しく", Application Developer Festival 2015, 2015328
  3. "Test Automation Technology to Reduce Development Costs and Maintain Software Quality", Berkeley Programming Systems (Chaperone)  Retreat, 9th May, 2014
  4. "ソフトウェア開発の楽しさ",  名古屋工業大学の講義「情報工学概論」(情報処理系学生165名が受講)にて講演, 20081217
  5. "みんなで創るRPG -kameTL-", 電気通信大学 地域・産学官連携推進機構 特別フォーラム「次世代の天才プログラマー from電通大」, 2008 1122  (報告)

報道発表,取材等:

  1. "結合テスト設計支援ツール「TesMa」を強化テスト自動実行ツールとの連携を実現",  エンタープライズICT総合誌 月刊ビジネスコミュニケーション20149月号,  20149 (目次)

学位論文:

 

20194月現在)